製薬会社からの薬剤師求人について考える。

Author: admin  |  Category: 薬剤師求人の待遇

転職を考えている薬剤師の方の中には、薬の調合だけではなく、新薬の開発に携わりたいとか、医薬品の知識をもっと深く学び、専門職としてのスキルを向上させたいと考えて製薬会社への転職を希望される方がおられるでしょう。
製薬会社は様々な職種で求人を募集していますが、一般職については中途採用よりも大学卒や大学院卒の新卒を積極的に採用し、一般職の中途採用枠はかなり限定的なものとなっています。
なぜ新卒を重点的に採用するかについては、製薬会社に限らず一般的な企業と同じ理由となるでしょう。
新卒者は給与ベースを抑えられるので中途採用者と比較するとコストが圧倒的に安いことや、入社時から始まる独自の教育システムに早い段階で適応できるという理由が大きいでしょう。
中途採用者は前職の習慣や思考パターンが残っているため、転職後の企業風土になじむまでに時間がかかってしまう事がほとんどだからです。
加えて、新卒者は年齢が若く、行動力に優れているという事もあるでしょう。
製薬会社の新薬開発部門に中途採用で転職を希望するのであれば、新卒者の持つこれら企業にとっての利点を上回る大きなメリットがなければ、中途採用されるのは難しいという事になるでしょう。
栃木の薬剤師求人では時々製薬会社から薬剤師の資格を持つ人に限定した求人が募集されますが、求められているのは即戦力として働きを十分期待できる医薬品についての知識を有している事が条件となります。