栃木の薬剤師求人の特徴は

Author: admin  |  Category: 首都圏の薬剤師求人

栃木の薬剤師求人には、どのような特徴があるでしょうか。
栃木の薬剤師求人で人気のエリアは、やはり県庁所在地かつ商業地域であり、交通アクセスもいい宇都宮市や埼玉県寄りのエリアです。
求人は足利市、小山市、大田原市をはじめ全域であるのですが、求人数と応募者のバランスが取れていないのが実情といったところでしょう。
少し田舎でもいいという方なら、借り上げ社宅や住宅手当などが調った調剤薬局や病院、ドラッグストアなどの求人で採用される可能性が高くなります。
宇都宮市をはじめ、薬剤師不足が気になるエリアでは、東京などの都心部に比べて、パートの時給や正社員の年収の高い傾向にあります。
パートで時給2000円~、正社員で経験により450万円くらいからが中心帯の給与相場です。
なお、薬学部が4年制から6年制になって以降、栃木県内では、2006年に高崎健康福祉大学の薬学部が新設されました。
そのため、初めての卒業生が誕生する2012年以降は新卒採用が活気づいてくると思われます。
もっとも、調剤薬局の多くは経験者重視の採用をしているところが多いので、就職活動シーズンをのぞけば、既存の薬剤師の転職活動に大きく影響は出ないのではと思われます。
人気の求人はIターンやUターン組向けの借り上げ社宅がある調剤薬局の求人です。
いずれも足利市や大田原市、足柄郡などの駅から離れたエリアで交通の便は悪いのですが、引越しを踏まえた転職を考えている方を住宅のサポートでバックアップしてくれています。