東京の薬剤師求人は24時間募集がある!?

Author: admin  |  Category: 首都圏の薬剤師求人

東京には病院も薬局もドラッグストア無数にありますから、薬剤師求人の数も豊かです。
また、薬事法の改正以降、コンビニエンスストアやディスカウントストア、スーパーなどでも医薬品を取り扱う店舗が増えており、薬剤師へのニーズは意外な業種からも発生しています。
それに伴って、薬剤師求人の勤務時間も多様化しています。
たとえば、病院勤務の薬剤師であれば、基本は朝8時ないし9時頃から17時までの日中勤務で、医師や看護師のような夜勤勤務はほとんどないでしょう。
これに対して、コンビニエンスストアや大手のディスカウントストアなどでは年中無休の24時間営業ですから、基本的にその時間帯、ずっと薬剤師へのニーズが生じるわけです。
薬剤師がいない場合、医薬品を販売することができないため、薬剤師が確保できない時間帯は医薬品コーナーにカバーがかけられ買えない状態にするほかありません。
「医薬品の販売を始めました!」と高らかに宣言したのはいいものの、売れない時間が多発しては顧客の期待を損ねますから、深夜勤務できる薬剤師の確保に躍起になっています。
これまで、日中の勤務しかしたことがない方は、夜の時間帯の勤務には抵抗があるかもしれません。
もっとも、その分、時給が高くなるので、高時給を目指して頑張ってみようと思うのはありでしょう。
薬剤師は専門資格を保有しているため、もともと、他の職種に比べれば時給が高いです。
加えて夜勤や深夜勤務の上乗せがあるので、かなりの時給が期待できます。
たとえば、これまでは週5日のフルタイムや週4日のパートタイムで働いていた場合、働く日数を週1日くらい減らしても、十分な給与が得られるでしょう。
また、ドラッグストアの営業時間帯は地域や立地によって様々です。
朝9時から19時ないし20時のところもありますが、会社帰りの人が多いなどのエリアでは21時や22時というところもありますし、繁華街では24時間営業というところもあります。
薬剤師の勤務時間帯は非常に多様化しているといえますね。